労働時間の違い

2012年11月26日

たまに昔の友だちと再開すると、つい楽しくなって一緒に飲んでしまうのでしまいます。この間も、高校から付き合いのある友人に誘われて飲みに行ったら、他にも久しい顔ぶれがあって嬉しかったです。

最初は昔話で盛り上がりました。ですが後半がよろしくなかったです。だんだんと仕事の愚痴へとシフトしていったのです。まぁ、愚痴自体は誰にでもあるものだとおもうのですが、あまりにも愚痴のレベルが低すぎて、途中で「早く帰りたいわ」って思ってしまいました。

「労働時間が長すぎる!」ってみんな愚痴るんです。「週に休みが1日しかない」とか「週50時間に届きそう」とか。でも、それくらいで愚痴るようなものかと私は思ってしまって、全く共感できなかったのです。

正直、それくらいなんだよって思ってましたね。私なんて週の労働時間計算したら80~90時間の時なんてざらですよ。休み? 週に1日も無い時だって当たり前のようにありますよ。そんなもんですから、友人の愚痴が全く理解できません。

忙しいなんて愚痴りながらも、毎日寝る時間はあるし、週に1日はフルに休めるんだろうし、お風呂だって入れるんでしょう。ご飯だってしっかり食べてる。上等なもんですよ。

私なんて忙しい時はヒゲすらも剃る時間が勿体無いと感じてしまいますからね。ご飯は1日1回くらい。忙しい時間にちょっとでも時間が出来たら病院で点滴を打って元気をもらう事だってあります。

別に労働時間が長ければ偉いということは言いませんけれどもね、自分の半分くらいしか働いてない人の愚痴を永遠と聞いていたら、舌打ちの1つや2つ、出てしまうってもんですよ。

だから友人と仕事の話をするのが嫌いなんですよね、私は。そこで絶対楽しくなくなってしまいますから。愚痴のレベルがお子様レベルなんですもん。

こんなこと話せるのは同業者か同じ位疲れてる人くらいなもんです。以前ファミレスの店長をやっていて月の休みが1日2日しか無かったという友だちや、自営業のバイク屋さんで基本年中無休で働いている友だちみたいな人だけです。

普通に暮らして楽しんでる人にこんな話をしたら、友だちの数は一気に減るでしょうね(笑)。たまにそうしてスッキリしたくなる時もありますが……

豚バラの燻製

2012年5月7日

今のマイブームは燻製です!
燻製って家の中では出来ないと思っていたんですけど、調理師免許を持つ彼氏が紅茶で代用すればいい香りだって教えてくれたので、まずは紅茶燻製を始めたんです。

これが、ほんのり紅茶の香りが移って、贅沢な燻製が出来上がるんですよ!
緑茶やコーヒーでも出来るようなので、いつかやってみたいなって思ってます。

友達が、桜チップを使って家の中で燻していたんです。
家の中で燻して臭くならないのか聞いてみたら、密閉性の高い鍋なら問題ないよって教えてくれました。
友達はストウブ鍋で燻していたんですが、私は小さなストウブ鍋しか持っていないので、無水鍋を使いました。

これが、記念すべき初めての桜チップ燻製です。
紅茶燻製も芳醇な香りで美味しかったですが、やっぱり燻製と言えばこの香りですね~。
全く部屋は臭くならず、綺麗に仕上がりました。
匂いがお伝えできないのが非常に残念です。
ただし、お友達のおうちにおすそ分けに行くときにソリオに乗っていったら
車の中が燻製臭で大変なことになりましたけれども・・・・(笑)

友達からお勧めされた牡蠣の燻製も作りました。
牡蠣の燻製を、オリーブオイル・にんにく・ローリエ・唐辛子と一緒に漬けて、しばらく置いてから食します。
まだ出来上がってないのですが、出来上がったらまた感想を書きたいと思います。
パスタソースに使ったら美味しいだろうな~☆

マカロンを買った理由。

2012年3月29日

我が家の近くに、小さなケーキ屋さんがあります。
こじんまりしているのですが、この辺ではかなり人気のケーキ屋さん。
いつもいつも人が買いに来ています。
そしていつもいつも甘いにおいが漂っています。
その素敵なお店で、マカロンを購入しました。

これはバニラマカロンです。

このお店、マカロンの種類が豊富なんです。
田舎に置いておくには本当にもったいないくらいのお店で。
このほか、塩キャラメルやピスタチオ、ラズベリーなどを購入いたしました。

マカロンって不思議なお菓子だといつも思います。
こんな小さいのに、すっごい食べごたえありますよね。
ふんわりしているのかと思いきや、歯ごたえはねっとりとしていて、甘みも濃厚。
一度家でも作ってみたのですが、そりゃ濃厚よ、という砂糖の量でしたわ(笑)

若かりし頃の恋の味?
そんなことを友人が言っていたのを思い出し、ちょっと笑ってしまったほどです。
そういえばそんな友人は、現在再婚に向けて婚活中。
大阪でお見合いパーティーに通っているらしいです。
私がちょっと呆れ顔で「大変ね」というと、「それが結構楽しいのよ~」って言ってました。
なんでも、長いこと忘れていたドキドキ感を感じられるのがイイんだそうです。

すっかり話が反れちゃいましたが・・
マカロンって実は本物を食べたことがなく、先に食べたのは自分が作ったものだったのですが、何となくイメージが違ったので、果たしてこれをマカロンと呼んでいいのかどうかを確かめるため、今回購入してみたわけです。
そして、私が作ったものは失敗ではなかったということが証明されました。

だいたいおやつのスイーツは、デザート用とは違い、小さな1個で満足できるくらいの甘さがないとよろしくないそうです。
なるほど、それでマカロンはこんなに甘くて濃厚なのか、と納得した次第でした。

マグネットの猿

2012年3月26日

先日、買い物に行ったときに、かわいいものを見つけました。
マグネットの猿です。

腕や脚が長く、手足と背中にマグネットがついています。
雑貨屋さんの片隅にかごに入って売っていました。
あまり目立つところになかったので、よく見なければ見過ごしてしまうところでした。
猿の顔は手作りなのか、1つ1つ表情が違いました。
黒いオスの猿とピンクのメスの猿があったので、思わずペアで買ってしまいました。
この猿は、手と足を動かして、いろいろなポーズをとることができます。
面白いポーズをいろいろと作って楽しめます。

この猿のペアを私は、冷蔵庫にくっつけています。
家の冷蔵庫には、大事なことを書いたメモやポストカードなどをべたべたと貼っています。
いろいろなものを留めるのに、このペアの猿を使っています。
買ってからしばらくは、結構はまってしまい、毎日のようにポーズを変えていました。
冷蔵庫を開けるときに必ず目に入るので、思わずくすっと笑ってしまいます。
優しい顔をしているので、癒しにもなります。
このペアの猿にはまっているのは、私だけでなく、私の彼もはまっていて、2人でいろんなポーズを作って楽しんでいます。
しばらく、このブームは続きそうです。
日常のちょっとした楽しみですね。