風邪で寝込んだ数日間

2012年12月8日

風邪でここ3日程寝込んでいたのですが、4日目の今日はようやくベッドから起き上がって普通に生活が出来るようになりました。まだまだ無茶はできませんが。

風邪の原因は、よく分かりませんでした。思い当たる原因は何一つ思い浮かびませんでした。急に体調が悪くなり、寝込んだらそのまま起きれないほど体調が悪化してしまったのですから。

病院で検査をしてもらいましたが、特に危険な問題は無いとのことで、疲れが溜まっていたのだと判断されました。私も原因に思い当たる節が無かったので、それを納得するしかありませんでした。

処方された薬を飲むのは久しぶりでした。高校生の時、インフルエンザにかかって以降だと思います。薬を飲んだらの喉が渇いて発熱して頭はとろけてしまうのではないかという虚ろに。しっかりした薬は威力が凄いものです。

薬のお陰で、酷い体調不良は3日目にはすっかりなくなりました。ですが、今でも体の節々が痛み、頭も上手く働かず、仕事が出来る状態ではありません。結局、明後日までの6日間も、仕事の休みをもらってしまいました。

体が弱っている時は、心も弱まって涙がすぐに出てしまうようです。風邪を引いた私を病院まで連れて行ってくれた会社の同僚、寝込んでいる間面倒を身に顔を出してくれた彼女、快く仕事を休ませてくれた先輩、全ての人に感謝の気持ちを思うと、涙で目が曇ります。

特に彼女には感謝してもしきれません。症状が最も辛かったはじめの2日間は私の家に泊まって付きっ切りで看病してくれました。昼間には仕事もあったのにも関わらず、私の為に無理をしてくれました。

お世辞にも料理が上手いとは言えない彼女ですが、一生懸命作ってくれたおかゆと卵スープは絶品でした。普段自分でご飯も炊けないような子が、よくやってくれたものです。

体調が良くなってきて、ようやく起き上がれた今日も、私の面倒を見てくれています。「1人では何もできずにつまらないだろうから、話し相手になってあげるよ」なんて言ってました。確かにこのような状況ではTVも見れませんし、本も読めません。1人でしたら、結局はずっと横になっていてくれたことでしょう。

体調が万全になったら、さすがに何か特別な感謝をしなくてはいけないでしょう。最近気のきいた事はほとんどしていませんから、何か驚かせるようなこと、してあげたいですね。