ファーストフードは時々

2012年12月3日

マクドナルドのポテトが全サイズ150円というサービスフェアを展開中とのことで、私の家の近くのマクドナルドも休日となれば長蛇の列となっております。平日でも、通常以上のお客さんが入っているように見えます。

私も折角なのでドライブスルーを利用してポテトを購入して食べましたが、やはり普通に美味しいです。絶品ではありませんが、小腹がすいたときには丁度良いという美味しさです。

しかし、小腹がすいたからといって手を伸ばすには少々、重すぎる食べものではあります。特にカロリー。気をつけないと大変なことになってしまうでしょう。

マックポテトのLサイズのカロリーは、なんと600Kcalに近いとのことです。これを手軽に小腹がすいたからといって食べていたら、明らかに1日のカロリーが超過してしまうのは目に見えています。

食事として摂取する場合も同じです。ポテトにハンバーガーにドリンクを組み合わせれば、商品の選択によっては一食の食事で1500Kcalは優に達してしまうことでしょう。ポテトが安いからといって追加したら、それにさらに600Kcalです。1日の成人が摂取すべきとされる標準カロリー値に届いてしまう勢いです。

その上、別の時間に食事を重ねるとしたら、当然ながら1日の目安摂取量はオーバーしてしまうでしょう。こんな日が続けば、肥満になってしまうのは無理もありません。

さらに、栄養バランスの崩れも大問題です。どう考えても野菜の摂取が不足してしまうため、ミネラル・ビタミン不足となってしまいます。大量のカロリーに栄養バランスの崩れが目立つファーストフードの摂取は、お世辞にも体に良いとはいえないのです。

ですが、美味しいのは確かです。私は健康に気遣った食事を目指していますが、だからといってマクドナルドのようなファーストフードの類いを一切食べないわけではありません。たまには健康問題は置いておき、食べたいものを食べたいだけ食べるということも、人間の食事には必要だと考えています。

食の重要点は、ストレスの解消もあると私は考えています。食の制限というのは辛くストレスが溜まるものです。好きな食べ物を我慢するとなったらなお更です。ですから、時にはストレスを抜くためにも、自分にご褒美を与えるのも、大切なんです。あくまでも、たまにですが。