Monthly Archives: 12月 2012

子どもを殺める親とその背景

2012年12月13日

昔から子どもを殺めてしまう事件はよく起きていたことだ。
しかし、最近は毎日のように同じような事件のニュースを聞くことが多い。
私は子育てをしたことはないが、姪や甥から学ばされることが多い。
子どもには子どもの生き方があり、小さいながらも意思というものを持っている。
大人は「子どもだから」とその意思を甘く見ていて、大人の思い通りにならないと苛々してしまうものだ。
思い通りにならないと大人が感じてしまうのは、決して異常なことではない。
でも、「子どもなりに成長しているのだ」と受け止めながら自分を育てるものが子育てである。

家族の在り方を問うべき時代が来ているのではないだろうか。
かつては祖父母と共に子育てをした時代があったが、現代では核家族が中心になっている。
離婚率も増えていて、片親だけで子育てをしている世帯もある。
こういう現状を踏まえて、もう少し地域で子育てをしようという動きを持つべきなのではないだろうか。

子育ては一人で出来るものではない。
ましてや、右も左も分からない親だけで出来るものでもない。
世の中には「親の自覚がないなら子どもを作るな」と言う人もいるが、親の自覚というのは親になって初めて出来るものである。
良質の育児書やインターネット上の情報を見ていても、子どもの成長は思い通りにはならない。
マニュアル通りに動くほど、人間は機械的ではないからだ。

親が近くにいない人は、出来るだけ地域の人との交流を持つようにした方が良い。
自分の精神を追い詰めるほど狭い世界にいるのではなく、様々な子育て経験者の意見を聞くべきである。
子育てには正解も不正解もなく、子育て経験者でさえ答えは出せない。
しかし、経験というのは非常に役に立つ。
多くの子育て経験者と共に、一人一人に合った子育てを展開していけば思い悩むことなどないだろう。
一人で「どうして?」と思い詰めても、子どもは答えを出してはくれない。

皮肉にも東日本大震災を機に見直された地域社会との繋がりが、家庭にも浸透していってもらいたいものだ。
そうすることで親の負担が軽減し、小さな命が殺められないように防ぐことは可能だろう。
子どもは親の所有物ではない。
いい子に育ってもらいたいという願いはどの親にもあると思うが、親が勝手に作った“いい子の定義”を押し付けることがないよう、第三者の目が介入することも必要だ。

話が変わりますが、プリウスアルファの燃費をご存知ですか?
カタログ燃費は31km/L(10・15モード)ですが、実際の燃費は平均19.25km/Lらしいです。
車を検討される場合は、カタログ燃費だけでなく、所有車の口コミなどもチェックした方が良いですよ。

風邪で寝込んだ数日間

2012年12月8日

風邪でここ3日程寝込んでいたのですが、4日目の今日はようやくベッドから起き上がって普通に生活が出来るようになりました。まだまだ無茶はできませんが。

風邪の原因は、よく分かりませんでした。思い当たる原因は何一つ思い浮かびませんでした。急に体調が悪くなり、寝込んだらそのまま起きれないほど体調が悪化してしまったのですから。

病院で検査をしてもらいましたが、特に危険な問題は無いとのことで、疲れが溜まっていたのだと判断されました。私も原因に思い当たる節が無かったので、それを納得するしかありませんでした。

処方された薬を飲むのは久しぶりでした。高校生の時、インフルエンザにかかって以降だと思います。薬を飲んだらの喉が渇いて発熱して頭はとろけてしまうのではないかという虚ろに。しっかりした薬は威力が凄いものです。

薬のお陰で、酷い体調不良は3日目にはすっかりなくなりました。ですが、今でも体の節々が痛み、頭も上手く働かず、仕事が出来る状態ではありません。結局、明後日までの6日間も、仕事の休みをもらってしまいました。

体が弱っている時は、心も弱まって涙がすぐに出てしまうようです。風邪を引いた私を病院まで連れて行ってくれた会社の同僚、寝込んでいる間面倒を身に顔を出してくれた彼女、快く仕事を休ませてくれた先輩、全ての人に感謝の気持ちを思うと、涙で目が曇ります。

特に彼女には感謝してもしきれません。症状が最も辛かったはじめの2日間は私の家に泊まって付きっ切りで看病してくれました。昼間には仕事もあったのにも関わらず、私の為に無理をしてくれました。

お世辞にも料理が上手いとは言えない彼女ですが、一生懸命作ってくれたおかゆと卵スープは絶品でした。普段自分でご飯も炊けないような子が、よくやってくれたものです。

体調が良くなってきて、ようやく起き上がれた今日も、私の面倒を見てくれています。「1人では何もできずにつまらないだろうから、話し相手になってあげるよ」なんて言ってました。確かにこのような状況ではTVも見れませんし、本も読めません。1人でしたら、結局はずっと横になっていてくれたことでしょう。

体調が万全になったら、さすがに何か特別な感謝をしなくてはいけないでしょう。最近気のきいた事はほとんどしていませんから、何か驚かせるようなこと、してあげたいですね。

熊の生態に興味津々

2012年12月7日

ディズニーが『ベアーズ』という自然ドキュメンタリー映画の製作を発表したようです。内容は自然界に住む熊が主役の物語で、公開は2014年春とのことです。

昨今はこのような自然ドキュメンタリー映画が当然のように頻繁に公開されるようになりました。映画といえば刺激を求める娯楽作品が主だったものですが、今は癒しを求める人も多いということなのでしょう。

娯楽映画の中にまでそのような風潮があらわれているのを見ると、現代人の悩める姿がどれほど大きな問題となっているかということまで感じてしまいます。

しかし、自然の神秘に再び目を向ける機会が増えたというのは、素晴らしいことに思えます。今の若者が目にする作品といえば、フィクションばかりです。そのため現実との区別が判断できないという心の病を生じてしまう子どももいます。その悪い流れに歯止めを利かせるためにも、癒しを求める大人たち以外にも、子どもたちにも進んで観てもらうべきでしょう。

個人的にも私はこの『ベアーズ』という映画が非常に気になっています。熊という生き物は、現実的には恐ろしいイメージがついてまわり、アニメのような非現実作品では『プーさん』のようなほのぼのしたイメージがあります。しかしその実体を知るものはほとんどいないでしょうし、私も未知なる思いです。

私の個人的イメージの中にある熊は、獰猛で危険な生き物です。北海道では大きな熊による残虐な被害が過去に続発しており、日本含め世界中の山では、登山客を襲って餌食にするというニュースも耳にしています。熊が出没するエリアでテントを張っていたら、甘い匂いに引き寄せられて遅いに来るという話もよく聞きます。このような情報が元となれば、熊=危険という結びつけがなされても無理が無いでしょう。

しかし実際は、熊にも親がいて子がおり、ささやかで幸せな生活を営んでいることも考えられます。時にはじゃれあったり、楽しんだり、死を悲しんだり。人間や犬や猫といった身近な動物と同じく感情を持って生きているのです。ただそのような話を耳にする事はほとんど無いため、危険な生き物としてしか想像できないのです。

「本当の熊はどんな生き物なのだろう?」といった純粋な興味で、映画『ベアーズ』には興味心身です。

仕事の付き合いとプライベートの付き合い

2012年12月4日

今日は休日ですが、これから仕事仲間と飲み会です。月に2回仕事仲間同士で飲み会を開いており、これは私の毎月の楽しみでもあります。

飲み会がはじまったら、夕方から夜遅くまで続きます。私は時計の短針が頂点を刺す時間には帰宅してしまいますが、中には朝日が昇るまで話してしまう人も少なくありません。

始終飲んでいるわけではありません。飲みは3割、話が7割といったところです。ですから、みんな泥酔することはありません。「今日は思い切り飲むぞ!」とはりきる人もいるのですが、話に夢中になると、何だかんだでジョッキを置いて話に熱くなってしまうんです。

話の内容は、プライベートもありますが、おおむね仕事の話です。「あそこが良かった!」という自慢話や「あれは駄目だったな!」という反省話まで、多々色々です。こうやって意見交換して、お互い仕事の熱意を高めていって、次からの仕事もがんばろうと決意を固めていくのです。

お酒の席は友だちと設ける場面は多々ありますが、やはり同じ志を持つ仲間と飲むのが一番有意義です。話している内容全てが自分の為となり、また自分の話も少なからず他人に影響を与えることが出来るというのは、同志でなければ出来ないことです。

仕事抜きで誰かと飲むというのは、結局のところ息抜きのようなものです。仕事の話を振られたところで相手には理解できないでしょうし、昔話にも限りがあります。趣味の話にも限りはあります。お互い趣味に費やす時間は違いますから、話が沿わないこともあるのです。

私の場合、プライベートで飲むほうが、付き合いで仕方なく飲んでいるとすら感じるようになっている始末です。これは失礼なことを感じているというのは分かってはいますが、他人のプライベートな話をされて相談されたりしても、どうしてもため息が漏れてしまいます。楽しくないとも思ってしまいます。

これは偏に、私が生活の主体を仕事においているからなのでしょう。生活の主体をプライベートに置いていれば、仕事以外の話をしているほうが盛り上がれるはずですから。

彼女にも友だちにも「仕事人間だね」と言われ続けてきましたが、私の態度から感じとられてしまっているということなのでしょう。

私は「仕事人間だね」といわれることを褒め言葉と受け取っています。ですが、相手はどのような心で言っているのか、気にならないといえば嘘になります。できるものであれば、どちらの付き合いも上手く両立させたいとは思っているのですから。

今日も友人からの誘いもありましたが、仕事仲間との飲み会を優先しました。両立を思えど、難しいものです。どちらかに偏るのは致し方ありません。

ファーストフードは時々

2012年12月3日

マクドナルドのポテトが全サイズ150円というサービスフェアを展開中とのことで、私の家の近くのマクドナルドも休日となれば長蛇の列となっております。平日でも、通常以上のお客さんが入っているように見えます。

私も折角なのでドライブスルーを利用してポテトを購入して食べましたが、やはり普通に美味しいです。絶品ではありませんが、小腹がすいたときには丁度良いという美味しさです。

しかし、小腹がすいたからといって手を伸ばすには少々、重すぎる食べものではあります。特にカロリー。気をつけないと大変なことになってしまうでしょう。

マックポテトのLサイズのカロリーは、なんと600Kcalに近いとのことです。これを手軽に小腹がすいたからといって食べていたら、明らかに1日のカロリーが超過してしまうのは目に見えています。

食事として摂取する場合も同じです。ポテトにハンバーガーにドリンクを組み合わせれば、商品の選択によっては一食の食事で1500Kcalは優に達してしまうことでしょう。ポテトが安いからといって追加したら、それにさらに600Kcalです。1日の成人が摂取すべきとされる標準カロリー値に届いてしまう勢いです。

その上、別の時間に食事を重ねるとしたら、当然ながら1日の目安摂取量はオーバーしてしまうでしょう。こんな日が続けば、肥満になってしまうのは無理もありません。

さらに、栄養バランスの崩れも大問題です。どう考えても野菜の摂取が不足してしまうため、ミネラル・ビタミン不足となってしまいます。大量のカロリーに栄養バランスの崩れが目立つファーストフードの摂取は、お世辞にも体に良いとはいえないのです。

ですが、美味しいのは確かです。私は健康に気遣った食事を目指していますが、だからといってマクドナルドのようなファーストフードの類いを一切食べないわけではありません。たまには健康問題は置いておき、食べたいものを食べたいだけ食べるということも、人間の食事には必要だと考えています。

食の重要点は、ストレスの解消もあると私は考えています。食の制限というのは辛くストレスが溜まるものです。好きな食べ物を我慢するとなったらなお更です。ですから、時にはストレスを抜くためにも、自分にご褒美を与えるのも、大切なんです。あくまでも、たまにですが。

ポカポカ陽気で仕事が滞る

2012年12月2日

このところ素晴らしい陽気が続いています。デスク作業をしていると、日差しがポカポカと差し込んできて、気持ちが良いです。気持ちが良すぎて眠くなります。

そうなんですよね。仕事中に気持ちが良すぎるというのも考えものなんです。快適すぎてウトウトしてきて眠くなって仕事の効率は大幅ダウンです。

また、陽気がいいと室内で作業しているのもばかばかしくなってきてしまいます。外に出て思いっきり動き回りたくなってしまうんです。ジョギングでも筋トレでも何でもいいから、ウズウズしてしまいます。

最近はこんな感じで、仕事中はウトウトするかウズウズするかのどちらかで参っています。仕事の気を奪う陽気が憎たらしくすら感じてしまいます。

私は結構天気に気分が左右されてしまいます。天気が良ければ体を動かす仕事がしたいし、天気が悪ければデスクワークのような室内作業が捗ります。天気に合わせてそれが調整できれば良いのですが、天気が良い日に限ってデスクワークをしなくてはいけなかったりしちゃいます。

でもどんな時でも外で動くだけの仕事や、デスクワークだけという仕事で無いだけ私はましかもしれませんね。日によって仕事が変わるので、ストレスは普通よりも溜まりにくいと思います。今の仕事を辞めて、別の仕事に就き一生同じ仕事を繰り返せといわれたら、私の場合発狂してしまうでしょう(笑)。

前の職場をやめたのも発狂が理由でした。広告業に携わっていたのですが、連日、太陽の光が全く差し込まない室内で朝から深夜までパソコン作業を繰り返していたのですが、本当に辛かったです。

酷い時は家にも帰るのが億劫で、職場のソファで寝てはデスクに戻るという繰り返しで、何日過ぎたのか忘れてしまうこともありました。そうして久々に帰宅となったとき、会社から出て太陽の光を浴びた時は眩しすぎて倒れそうになってました。「自分はモグラか!」って思いましたね(笑)。

そんな酷い監禁生活を1年近く繰り返して、ストレスに耐えかねて辞めてしまいました。でもまだあの会社では同じく監禁生活を強いられている人もおり、そうしなければ家族を養っていけないという人もいます。まったく尊敬に値します。

昔の職場の人に「ポカポカしてやる気でない」なんて言ったら、ボコボコにされていたでしょうね(笑)。いかんいかん、気を引き締めて仕事しないと(笑)。