Monthly Archives: 11月 2012

101歳のおじいちゃん以下の若者

2012年11月30日

カナダのマラソン大会で、なんと101歳の世界最高齢のイギリス人おじいちゃんランナーが5キロのコースを完走したとのことです。彼は過去にも何度もマラソン大会に挑戦しては世間を驚かせてきたとのことです。

いや、実に凄いニュースです。人間の凄さというのを感じずにはいられないですね。101歳ですよ? 普通だったら、息をしているだけで大、大、大御の字ってところです。それなのに彼は、一歩一歩走って5キロを完走したというのですから、驚かずにはいられません。

私もこれくらい元気な状態で100歳代に突入したいもんです。一体どうやればそんな人間になれるのか、答えが分かりません。とりあえずこの調子で科学が進歩すれば、延命も可能となるでしょうから、そっちに期待するとしましょう。そっちのほうが手っ取り早いでしょうし(笑)。

しかし、こういうニュースを耳にすると、体力の無い現代人の若者は一体何をやっているのかと嘆きたくもなってしまうものです。5キロも走れないなんていう体力の無い若者は、きっとたくさんいますよ。信じられません。

以前私は、毎日10キロジョギングしているというのを知り合いに話したことがあるのですが「そんなに毎日走ってたら、僕死んじゃいますよ」なんて言っていました。その知り合いは私より年下で、当時20歳の大学生でした。

1回走りに誘って一緒に走ってみたのですが、もう2キロも走ったところで彼はギブアップ。脚が動かなくて無理と弱音を吐いていました。まったく情けなかったです。

女性が腕立て伏せをしたら腕が骨折したなんて話も聞いたことがあります。自分の体を支えられないほど筋力が衰えているって、問題ありすぎでしょう。そんな状態じゃ走ったら脚も骨折しちゃうんじゃないでしょうか。いやはや実に恐ろしいです。

でも現代人の生活サイクルを考えると、そんな体力筋力不足になるのも無理がないという気もします。起きても外に出て動き回る必要は無いし、移動は車。仕事でもずっと座っていて、帰りも車で、後は食べて寝るだけ。衰えていくのも無理ないですね。

移動手段が不便だった昔は動かなきゃどうしようもない不便な時代でしたから、運動不足も少なく健康な人が多かったことでしょう。そんな時代の人が今の人は健康の為に運動してるって聞いたら笑っちゃうかもしれませんね。

子ども向け映画

2012年11月29日

「好きな映画ってなんですか?」って聞かれて答えると、大抵は「意外ですね!」なんて驚かれてしまいます。てっきり私は、恐ろしいサスペンス映画や衝撃の強いメッセージ映画が好きだと思われているようなんです。

確かにそういう映画も嫌いじゃありませんが、実は結構シンプルな映画が一番好きなんです。例えばちょっと昔の大衆向けアクションSF映画だったり、王道映画です。

中でも特に好きなのは、ピクサーの3Dアニメ映画です。『トイ・ストーリー』や『モンスターズ・インク』なんていう作品です。これらが好きだというと「嘘~!」と言われます。だから私はどんな人間だと思われているのでしょうか(笑)。

ピクサーの映画は本当に良くできていると思いますよ。製作スタッフが童心をしっかりと持っていて、悩むことも忙しいことも楽しみながら映画を作り上げているというのがよく伝わってきます。

でも、童心に帰っているからといって子ども向けの陳腐映画という訳では決してありません。大人だって、いやむしろ大人のほうが胸が熱くなってしまう演出や展開を見せてくれるのがピクサー作品の凄いところですよ。あれは大人向けの映画ともいえますよ。

今子どもの目線でピクサー映画を観た人は、大人になったらもう一度絶対に見てもらいたいものですね。映画を観終わった後の心に残る重みと温もりが全然違うでしょうから。

子ども向けの作品でも、質がよければ大人でも絶対に面白いはずなんですよね。大人だって子どもを経験しているわけなんですから、童心に返って見ることができるんですから。子どもは大人になった自分を想像して映画を楽しむことはできません。だからR指定というのがあるんでしょうから。

ただ、私が童心に返って見た結果、面白くないと感じた場合、子どもにはその映画を見せたいとは思いませんね(まぁ、まだ自分には子どもはいませんが)。大人でも楽しめない子ども映画は、子ども騙し映画ですから。

ピクサー作品はどれも子どもには見てもらいたいですね。ディズニーも新旧問わず名作が多いです。中には「あれ?」というのもあったりしますが(笑)。

日本の作品だと『クレヨンしんちゃん』の映画が面白いですね。ジブリ系はちょっと苦手です。『もののけ姫』だけは凄い好きなんですが、他はちょっと私の好みには合わないのか、子どもにも見せたいとは思えません。

下心ではなく心が見える人

2012年11月27日

「酒を飲むのも仕事のうち」という考えは、嫌いではありません。確かにその通りだと思いますし。私だって酒の席が切欠で仕事をもらった事が結構ありますから。男にとって酒の席に付き合うのは枕営業みたいなもんですよ(笑)。

といっても、下心見え見えで酒を飲むのは嫌いですけれどもね。とりあえずその人と仲良くなりたいなって思う意味で一緒に飲んで仕事をもらったことがほとんどでしたから。嫌な奴と無理やり付き合って仕事をもらっても嬉かありません。

ですから、逆の立場になっても同じです。下心見え見えで近寄ってくる人を見ると拒否反応を示してしまいます。ふとしたときに下心がうかがえた時「あ、なんかやだな」って感じて、付き合いたくなくなってしまいます。

でも、下心じゃなくてモロに心を見せてくるって人は、結構好きなんですよね。「仕事くださいよ~」「遊びましょうよ~」なんてニコニコしながら寄ってくる人って、一見面倒な奴に見えて「しつこいな~」なんて感じてはしまうものの、その反面妙に嬉しかったりもするんですよね。で、結構仲良くしてしまいます。気が着いたら私の後輩にはそんな子ばっかりですよ(笑)。

心を見せてくる人って、純粋な人が多いから好きなんです。あの子ら先輩の私が誘っても「今日は無理です」「あぁ、あれ嫌いなんですよね」と、びっくりするくらいはっきり断りの返事を返してきますから。落ち込む時もあるくらいです。

でも、そういう反応をしてくれると、いざ誘った時に「行きます!」「やります!」って嬉しそうな顔で反応してくれるとこっちも「本当の気持ちなんだな。誘ってよかったな」って気持ちになれるんです。

下心を持ってる人というのはそれが読めないんですよね。「行きます!」「やります!」って言われても、誘う側としても「この人本当は嫌なんじゃないか……」という疑問が拭えませんから。

しかし今の世の中、どんどん心を持たずに下心ばっかりの人が増えてきておじさん困ってます(笑)。もう何を考えているのか分からない人もいますからね。そんな若い人とは、どうやって付き合っていいのか、さっぱり分かりません。

私が付き合い下手なのもあるでしょうが、若い子が上の人との付き合い方をよく理解しておらず、心を見せないというのも、絶対にありますよね。

労働時間の違い

2012年11月26日

たまに昔の友だちと再開すると、つい楽しくなって一緒に飲んでしまうのでしまいます。この間も、高校から付き合いのある友人に誘われて飲みに行ったら、他にも久しい顔ぶれがあって嬉しかったです。

最初は昔話で盛り上がりました。ですが後半がよろしくなかったです。だんだんと仕事の愚痴へとシフトしていったのです。まぁ、愚痴自体は誰にでもあるものだとおもうのですが、あまりにも愚痴のレベルが低すぎて、途中で「早く帰りたいわ」って思ってしまいました。

「労働時間が長すぎる!」ってみんな愚痴るんです。「週に休みが1日しかない」とか「週50時間に届きそう」とか。でも、それくらいで愚痴るようなものかと私は思ってしまって、全く共感できなかったのです。

正直、それくらいなんだよって思ってましたね。私なんて週の労働時間計算したら80~90時間の時なんてざらですよ。休み? 週に1日も無い時だって当たり前のようにありますよ。そんなもんですから、友人の愚痴が全く理解できません。

忙しいなんて愚痴りながらも、毎日寝る時間はあるし、週に1日はフルに休めるんだろうし、お風呂だって入れるんでしょう。ご飯だってしっかり食べてる。上等なもんですよ。

私なんて忙しい時はヒゲすらも剃る時間が勿体無いと感じてしまいますからね。ご飯は1日1回くらい。忙しい時間にちょっとでも時間が出来たら病院で点滴を打って元気をもらう事だってあります。

別に労働時間が長ければ偉いということは言いませんけれどもね、自分の半分くらいしか働いてない人の愚痴を永遠と聞いていたら、舌打ちの1つや2つ、出てしまうってもんですよ。

だから友人と仕事の話をするのが嫌いなんですよね、私は。そこで絶対楽しくなくなってしまいますから。愚痴のレベルがお子様レベルなんですもん。

こんなこと話せるのは同業者か同じ位疲れてる人くらいなもんです。以前ファミレスの店長をやっていて月の休みが1日2日しか無かったという友だちや、自営業のバイク屋さんで基本年中無休で働いている友だちみたいな人だけです。

普通に暮らして楽しんでる人にこんな話をしたら、友だちの数は一気に減るでしょうね(笑)。たまにそうしてスッキリしたくなる時もありますが……