マカロンを買った理由。

2012年3月29日

我が家の近くに、小さなケーキ屋さんがあります。
こじんまりしているのですが、この辺ではかなり人気のケーキ屋さん。
いつもいつも人が買いに来ています。
そしていつもいつも甘いにおいが漂っています。
その素敵なお店で、マカロンを購入しました。

これはバニラマカロンです。

このお店、マカロンの種類が豊富なんです。
田舎に置いておくには本当にもったいないくらいのお店で。
このほか、塩キャラメルやピスタチオ、ラズベリーなどを購入いたしました。

マカロンって不思議なお菓子だといつも思います。
こんな小さいのに、すっごい食べごたえありますよね。
ふんわりしているのかと思いきや、歯ごたえはねっとりとしていて、甘みも濃厚。
一度家でも作ってみたのですが、そりゃ濃厚よ、という砂糖の量でしたわ(笑)

若かりし頃の恋の味?
そんなことを友人が言っていたのを思い出し、ちょっと笑ってしまったほどです。
そういえばそんな友人は、現在再婚に向けて婚活中。
大阪でお見合いパーティーに通っているらしいです。
私がちょっと呆れ顔で「大変ね」というと、「それが結構楽しいのよ~」って言ってました。
なんでも、長いこと忘れていたドキドキ感を感じられるのがイイんだそうです。

すっかり話が反れちゃいましたが・・
マカロンって実は本物を食べたことがなく、先に食べたのは自分が作ったものだったのですが、何となくイメージが違ったので、果たしてこれをマカロンと呼んでいいのかどうかを確かめるため、今回購入してみたわけです。
そして、私が作ったものは失敗ではなかったということが証明されました。

だいたいおやつのスイーツは、デザート用とは違い、小さな1個で満足できるくらいの甘さがないとよろしくないそうです。
なるほど、それでマカロンはこんなに甘くて濃厚なのか、と納得した次第でした。